== Home== === == About == === == Profile ==

言語をちゃんと学ぶということ

今週のお題「2017年にやりたいこと」
というのがあったので、既に木曜も終わりかけですが書いてみようかなと。

私はいわゆる「外国語」というヤツが嫌いではありません。
でも得意では無いというか、むしろ苦手な人に分類されると思います。

高校時代の英語の成績を見ると、よくぞ進級できたなと(笑)
必要が最大のエンジンということで、それなりに使えるようになったのは
自分でもビックリなのでありますが。


ま、英語は英語で全然力不足ではあるので、頑張って底上げするとして、
最近趣味でドイツ語をはじめました。

そこで、問題は「カンと勢い」で勝負するタイプなもので、ある程度読めるように
なるところまでは割と早く到達します。
書く方も辞書を引きつつそれなりになんとか文章になるところまでは辿り着く。
しかーし…
「ちゃんとしたお勉強」ってやつが圧倒的に不足してるので、文法とか語彙が
かなり悲惨な状態で中途半端な満足と共に停滞してしまったりするわけですね。
そんなわけで

文法からマスター!はじめてのドイツ語 イラストで分かるドイツ語文法+トレーニングブック

あたりで、真面目にやってみようかと。
そして、「目標は低く!(笑)」ということで、独検4級レベルまで
なんとかしてみようじゃないか!
というのが今年のやりたいことかな。
いや、ホント試験向けになると外国語に限らずアカンのですよ(トホホ

1/8 追記:
呑みながらポストしたので、誤字が素晴らしかったので多数修正。
結果的に誤字が増えてない事を祈る(細かいことは追求しないように)

まずは正しい生活からか

年末年始、食事のペースが滅茶苦茶だった(液体燃料をどう計算するかは棚上げするとして)せいなのか、軽くポンペ(ポンポンペイン = 腹痛)気味だったりするのですが、これ書き始めて気づいたのですが、半分は猫が原因の腹筋周辺の筋肉痛とかなんかそういう類の気もしてきた。
ま、なんにしても健康第一という目標を思い出したのでヨシとしましょう。

さて、「はてブロ」の「お題スロット」とか言うのをポチっとしたら
お題「腕時計」
とか出て来ました。

腕時計好きです。装飾品としてじゃなく実用的で便利なヤツが特に好き。
できれば丈夫で扱いをあまり細かく気にしないでいいヤツがいい。

今はアストロン使ってるんだけど、コイツの蓄光じゃなくて発光式(トリチウム管とかのね)が有ればなーとかたまに思う。
割と暗いところでの視認性重要なので。

で、まぁそれはそれとして、今更感のある「Apple Watch Series 2」ちょっとアレやコレやのテストのために
実機テストのために使って…と思ってみたものの、実はアポーウォッチのデザインがあまり好きじゃ無い。
メインの腕時計は左手、スマートウォッチは右手、うんそれは問題無い。
両手時計は割とバランス良くて嫌いじゃないし。
でもあのデザインがなぁ…

センサー系のこと無視して懐中時計として使える交換バンド(それバンドか?)とかあれば割とイカしてる気もするんだけど。
ただ、そうするとテストの意味が…
ガジェットとしては面白そうなんだけど自分で使う事を考えると悩ましいというお話でした。

去りゆきつつある正月

三が日も終わろうとする夕方に、ポツポツと書いてるわけですが、
今年の正月は「なんとなくだる~ん」と過ごしたという意味で
10年ぶり以上じゃないかと思うくらいgdgdでした。

いや、色々抱えてるネタはあるし、精神的には結構切羽詰まった感があるんですけど、作業を始めると猫が襲撃してきて作業中断しちゃうとか、技術書を今必要無いところまで熟読して妙な満足感に満たされるとか…
現実逃避がイイ感じに時間に練り込まれて、追い詰められながらも落ち着くという不思議な時間を過ごせました。

おかげで、色々進んでないわけですが(笑)

こんなこともあろうかと9日までは「休業中」の看板出してることにしてあるので、そろそろアクセル吹かしてアレとかソレの作業を進めるかなと。

呑みながらOpenStackツンツンしてみた

例によって役に立つ話は無いので、ウッカリ検索して来ちゃった人とかゴメンナサイ。

さて、半ば衝動的に以前触りかけて棚上げしたあげく放置していたOpenStackに再び手を出してみたわけですが…

「あれ、こんなにサクっと動いたっけ」

というのが第一印象。
インストールの手間的にも、リソースに要求するマッチョさ的にもね。

ダッシュボード弄って、ロードバランサ動かしたり、MySQLで同期クラスタ構成組んでみたり、呑みながら(笑)ドキュメント読みつつ適当にグリグリやってたら普通に動くのな。
いや、確かに酒の肴に遊んでるレベルだから本気で苛めたりとかしてないけど、10万円クラスのお手軽マシンでちゃんと動く事に感心。
しかも割と気合いだけで設定してるのに。

まぁ、後日真面目にやると動かなかったりして、違う意味で自分について考え直す事になったりもするんだけどね。

とりあえず、「仕組みのお勉強」環境とかには結構使えそうな予感。
高可用性システムとかOJTで指導するにはちょっと怖いところの教材として検討してみようかな。